オススメの旅先情報

京都 伏見の寺田屋

京都伏見の寺田屋

幕末の歴史に興味のある方には興味深い場所でしょう。寺田屋は坂本龍馬ゆかりの旅籠。旅籠(はたご)とは江戸時代の宿泊施設です。龍馬はこの宿で幕府の役人に襲撃され、そのときピストルを片手に応戦したとされています。

寺田屋に入ると当時の柱についた刀傷や弾痕をみることができます。またこの寺田屋に辿り着くまでの伏見の街並は昔ながらの雰囲気が漂っていて、とても趣深いので、京都を訪れた際は是非立ち寄りたい場所の一つです。

寺田屋に着くとさすがに名所だけあって、建物の周りをカメラを手にした人がたくさんいました。中には作業台持参でキャンバスに絵を描いている人も。

所在地

行き方

  • 京阪電車:中書島下車徒歩約5分
  • 市バス:京橋下車徒歩約2分
  • タクシー:京都駅より約15分
住所 京都府京都市伏見区南浜町263
電話番号 075-622-0243
開館時間 10:00~15:40
料金 大人 400円
学生 300円
備考 宿泊6,500円(要予約)

寺田屋の屋根にいた猫。なんて鋭い眼光。まるで幕末の維新志士が乗り移っているよう…と勝手に想像した。

普通に玄関から入れます。

中へ入ると、この宿ゆかりの人達の写真が飾られています。歴史の勉強が嫌いな人でも一度はその名を聞いたことのある人ばかり。

坂本龍馬が拳銃を撃ってついた跡だそうです。よくいままで残っていたものです。

中へ入って初めて気づいたのですが、この宿には宿泊も出来るとのこと。自分が見た限り中は博物館のように観光施設としての体裁であったけど、宿として機能もしていることに驚いた。まだ今回見きれていない部屋などが存在するのだろう。

一人旅START

人気の宿 総合ランキング

一人旅ブログ
2021年4月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
▲ TOP
Copyright © 2014 はじめての一人旅 All Rights reserved. Supported by 楽天ウェブサービス